トイレのリフォームの主な特徴と一般的な相場について

トイレのリフォームの主な特徴と一般的な相場について

トイレのリフォームの主な特徴と一般的な相場について

 

家族が毎日使うトイレは汚れや老朽化が目立つ場所のため、リフォームを希望する人も少なくありません。今回は、トイレリフォームにかかる費用の相場やどんな特徴があるのかについてお伝えします。

 

 

トイレリフォームにかかる費用は5万円〜100万円と幅がありますが、これはどの程度の工事を行うかによって変わります。壁紙や床材を張り替えたり、塗り替えたりする程度であれば10万円以下で施工可能でしょう。

 

 

和式トイレを様式に帰る場合の相場は20万円前後ですが、グレードの高い設備を選ぶと100万円を超えることもあります。トイレリフォームの大きな特徴として、選ぶ設備による費用相場の差が激しいことが挙げられます。

 

 

最新機能が付いたトイレは便利ですが、実際に全ての機能を使っている人はそれほど多くありません。高いから良い物ということではないため、必要な機能かどうかを見極めることが大事です。

 

 

給排水管の移動や段差をなくす工事などが必要なリフォームは、一般的に相場が高くなります。工事の工程が増えるからと言うだけでなく、場合によっては工期が長くなるため人件費も余分にかかるからです。

 

トイレのリフォームの主な特徴と一般的な相場について

 

トイレの広さによっては一般的な設備が使えず、特別なコンパクトモデルを使わなければならないこともあります。

 

 

タンクレストイレは単価が高いものの狭い場所でも設置できるので、選択肢に入れても良いかもしれません。イレギュラーなことが増えれば増えるほど、リフォーム費用がかかると考えておいた方が良いでしょう。

 

 

現状や入れ替える設備によって価格差が大きいトイレリフォームでは、事前の見積もりで相場を知っておく必要があります。ある程度の費用がわかれば設備のグレードを上げたり、下げたりといった選択も容易にできるでしょう。

 

 

多機能トイレは便利な部分もありますが、人によってはデメリットになることもあります。希望する設備の機能や使い勝手についても、メーカーや口コミでしっかりと調べておいてください。

 

 

また、トイレや浴室などの水回りを同時にリフォームすれば安くなるプランなどもあります。一括見積もりサイトなどを利用して、一か所だけの工事と複数個所の工事での見積もりを取るのもお勧めです。

 

 

トイレの耐用年数は10年〜15年と言われていますが、快適に使うためには耐用年数前のリフォームが必要な場合もあります。予算内でどこまでリフォームできるのか、見積もりを取ってから検討するのも一つの方法でしょう。