お風呂のリフォーム費用はどれくらい?相場について

お風呂のリフォーム費用はどれくらい?相場について

お風呂のリフォーム費用はどれくらい?相場について

 

お風呂のリフォームは規模の大きさや既存の浴室のタイプで、費用相場がかなり変わってきます。希望通りのお風呂にするにはどのくらいかかるのか、相場を参考にして資金計画を立てましょう。

 

 

お風呂には在来工法とユニットバスの2種類がありますが、最近はほとんどがユニットバスです。古い家のリフォームついでに、在来工法からユニットバスに変える家庭も少なくありません。

 

 

簡単な工事ではシャワーや水栓の取り換えがありますが、この場合の相場は2、3万円です。節水効果を高めるためのリフォームとして人気で、工事も1日で完了します。

 

 

在来工法の浴室はタイルの劣化も気になりますが、張り替えをすれば気持ち良く使えるようになります。相場は10万円程度と言われているものの、広さやタイルのグレードによって価格が変わるため注意が必要です。

 

 

最も費用がかかる浴室リフォームは、在来工法からユニットバスへの変更です。設備のグレードを普及版に抑えたとしても、浴室を全て取り替えることになるため相場は100万円〜150万円と高額です。

 

お風呂のリフォーム費用はどれくらい?相場について

 

ユニットバスの取り換え工事の場合は50万円〜100万円が相場ですが、給排水管工事が追加されると20万円ほど高くなります。お風呂のリフォームではバリアフリー化も人気があり、将来を見据えて若い世帯でも行われています。

 

 

手すりを付けたり、段差をなくしたりといった工事であれば、10万円〜20万円で施工可能です。車いすでも入れるよう浴室を広げたり、ドアを変更したりする場合は、100万円ほどが相場だと言われています。

 

 

必要な工事をまとめて行えば安くなることもあるので、将来を考えた計画を立てることも大事です。工事がどの程度の規模になるか、希望する設備の設置が可能かなどはプロに見てもらうのが最も確実です。

 

 

一括見積もりサイトなどを利用すれば、費用相場がある程度はわかります。予算を組んで工事内容を検討したら、まずは複数業者に見積もりを依頼してみましょう。

 

 

正確な費用を知るには現地調査が必要ですが、そのための業者選びにも一括見積もりサイトが便利です。できるだけ費用を抑えられるような提案をしてくれる業者、安心して任せられる業者選びに役立てましょう。

 

 

浴室のリフォーム費用の中心価格帯は50万円〜100万円と言われていますが、あくまでも目安にしか過ぎません。自分が希望する浴室を作るための費用を知るには、見積もりを比較して相場を知ることが重要です。