古い和室を有効活用できるリフォームの相場について

古い和室を有効活用できるリフォームの相場について

古い和室を有効活用できるリフォームの相場について

 

最近は和室がない住宅も増えていますが、昔ながらの和室をリフォームして住みやすくすることもできます。快適に使える空間として有効活用するには、どのくらいの費用がかかるのか相場を見てみましょう。

 

 

和室のリフォーム全体の中心価格帯は20万円〜50万円となっており、比較的低価格でできる工事と言えます。希望が多いのは畳からフローリングへの変更で相場は約50万円、壁も併せて変更する場合は全体で100万円ほどかかります。

 

 

布団の上げ下ろしが面倒で使用していなかった和室も、洋室に変えれば使い勝手が良くなるでしょう。畳をモダンな琉球畳に変えたり、砂壁を壁紙に変えるだけでもガラリと雰囲気が変わります。

 

 

部屋の印象が変われば客間として活用しやすくなりますし、家族のリラックススペースとしても使いやすくなります。費用も20万円ほどが相場となっているので、あまり予算がない時にはこうした方法を選ぶのも良いかもしれません。

 

古い和室を有効活用できるリフォームの相場について

 

リフォームの際に掘りごたつ式にして床下を収納スペースにするのも、和室の有効な活用方法です。立ち座りがラクにできるので、高齢者のいる家庭にも向いているでしょう。

 

 

洋室に抵抗がある両親世代には、畳のままで便利さをアップさせるリフォームが喜ばれるようです。

 

 

工事費用の相場は50万円〜100万円となっており、バリアフリー化と同時に行う家庭も少なくありません。ちょっとした段差をなくす工事も同時に行っておけば、将来も安心して住める家になるでしょう。

 

 

物置になってしまっているような古い和室も、リフォームのやり方次第で立派に居住空間として活躍してくれます。ただし、どう利用したいのかによって必要な工事も費用も変わってきます。

 

 

現状を見なければ正確な見積もりは出せないものの、ネットで一括見積もりを依頼すれば費用の概算は掴めるはずです。相場がわかっていれば工事内容の検討や予算計画も立てやすくなりますし、具体的な工事の希望を伝えることもできます。

 

 

また、見積もりの際に和室の有効な活用方法を業者にアドバイスしてもらうことも可能です。住む人の目線でより良い活用の仕方を提案してくれる業者が見つかれば、和室のリフォームに失敗することもないでしょう。

 

 

和室の良さを生かしたリフォームから、洋室に変えてしまう方法まで和室を有効に使う方法は色々あります。ライフスタイルや家族構成に合った家づくりのためにも、まずは見積もりで費用相場を知り予算計画を立てましょう。