耐震リフォームの費用の相場と利用できる補助金制度について

耐震リフォームの費用の相場と利用できる補助金制度について

耐震リフォームの費用の相場と利用できる補助金制度について

 

大きな地震がいつ起こるかわからない日本では、住宅の耐震化は必須と言えるでしょう。ここでは、耐震リフォームの相場や利用できる補助金制度についてご紹介します。

 

 

昔と今では建築基準法が異なるため、家の耐震性にも大きな違いがあります。築年数30年以上の住宅では現行の耐震性を満たしていないため、地震で倒壊する危険性の高い住宅が約8割あるそうです。

 

 

耐震リフォームを行う前には耐震診断を受けることが重要で、その結果によって必要な工事や相場も変わってきます。

 

 

部分的な耐震補強工事も可能で耐震パネルの設置は1カ所約20万円、屋根を軽量な素材に張り替える工事は約100万円が相場です。

 

 

家全体の耐震リフォームの場合は築年数が古いほど工期は長くなりますし、費用もかかります。60平米の住宅で築20年以下の相場は約100万円、築30年以上になると150万円〜200万円が相場です。

 

 

耐震診断でリフォームが必要と診断されたら、自治体などの助成金制度についても調べてみましょう。金額に上限があったり、利用できる世帯に条件が付くこともありますが平均で100万円の補助が受けられます。

 

耐震リフォームの費用の相場と利用できる補助金制度について

 

補助金額がいくらになるのか、条件を満たしているのかの確認は自治体に問い合わせればすぐにわかるはずです。一定の条件を満たす耐震リフォームについては、所得税減税などの優遇措置も設けられています。

 

 

リフォーム費用を抑えるための一つの方法として、利用できる補助金や減税措置などはしっかり確認しておいてください。

 

 

耐震リフォームが得意な業者を自分で探すのは難しいですが、一括見積もりサイトを使えば手軽に業者探しができます。複数の業者にまとめて見積もり依頼をするので、費用やサービスを比較することもできます。

 

 

一般的なリフォームと異なる工事を行う耐震リフォームは、何よりも業者の実績が信頼に繋がるポイントです。ホームページや一括見積もりサイトで、きちんと実績を確認してから業者を選びましょう。

 

 

知識と経験のある業者は、補助金制度にも詳しく色々なアドバイスを貰えるというメリットもあります。地震に強く安心して住める家作りを低価格で実現するためにも、厳しい目で業者を選んでください。

 

 

耐震リフォームについては国や自治体が推奨していることもあり、補助金を利用すれば費用を抑えることも可能です。まずは耐震診断で家の現状を正確に把握し、工事が必要であればリフォームに向けた計画を立てましょう。