防犯のためのリフォームには何がある?相場にも注目

防犯のためのリフォームには何がある?相場にも注目

防犯のためのリフォームには何がある?相場にも注目

 

留守にしている時だけでなく、在宅中にも気を抜けないのが家の防犯対策です。家族や財産を守るための防犯リフォームにはどんな方法があるのか、工事にかかる費用の相場と合わせてご紹介します。

 

 

泥棒が住宅に侵入する際に最初に目をつけるのは窓だと言われており、特に1階の窓の防犯対策が重要です。

 

 

防犯リフォームの方法としては割れにくいガラスに入れ替えたり、二重窓にするなどが考えられます。工事費用の相場は平米当たり2万円〜7万円で、高機能なガラスほど高くなります。

 

 

内窓を付けて二重窓にする工事は1カ所3万円からが相場となっていますが、光熱費の削減にも役立つとして人気です。外に格子をつけるのも防犯リフォームとしては一般的で、工事費込みの相場は5万円ほどとなっています。

 

 

玄関ドアのピッキングも侵入犯の手口としては多いため、ドアに補助錠をつけるのも効果的です。鍵自体をピッキングしにくいものに交換するのも一つの方法で、約2万円で交換できます。

 

防犯のためのリフォームには何がある?相場にも注目

 

最近では鍵穴のないドアなどもありますが、ドア全体の交換となるため相場は約30万円と高めです。玄関周りが外部から見て死角にならないよう、植木などの配置を見直すことも防犯に繋がります。

 

 

道路に面した住宅は目隠しのために玄関周りにフェンスなどを張り巡らすこともありますが、防犯の意味では逆効果です。怪しい人が玄関にいると外から見てわかるようにしておいた方が、安全性は高くなります。

 

 

防犯リフォームでは、外部に繋がる全ての場所に対策が必要だと考えた方が良いでしょう。車庫がある家では車庫への侵入を防ぎ、愛車の盗難に備える対策も必要になります。

 

 

防犯カメラの設置なども併せて検討し、家や家族への被害を未然に防げる対策を取ってください。リフォームで防犯性を高めるには、防犯リフォームが得意な業者を選ぶことも重要です。

 

 

ホームページや一括見積もりサイトで、実績のある業者を探して必要な工事について相談してみるのも良いかもしれません。

 

 

自分で業者を探すのが面倒な人も、一括見積もりサイトを使えばまとめて依頼できるので手間がありません。使う設備や工事内容で費用相場も変わるため、複数業者に見積もりを依頼することも失敗しないポイントです。

 

 

泥棒に入られると金銭的な被害だけでなく、心理的に大きなショックを受けることになります。防犯リフォームは万が一の備えとして重要で、自分の家だけは大丈夫だと思わないことが大切です。