バリアフリー化のリフォーム内容と相場・介護保険は使える?

バリアフリー化のリフォーム内容と相場・介護保険は使える?

バリアフリー化のリフォーム内容と相場・介護保険は使える?

 

高齢で今までのように体が動かなくなった時も、家がバリアフリー化されていれば住み慣れた家で暮らすことが可能です。ここではバリアフリー化のためのリフォーム内容と相場、介護保険の利用が可能かについてまとめてみました。

 

 

家全体やトイレ、お風呂だけをなどバリアフリー化のためのリフォーム内容は様々です。費用の相場としては家全体で500万円前後、トイレやお風呂の場合は100万円前後が相場になっています。

 

 

車いすの利用を想定し、全ての段差をなくしたり手すりを付けたりといったリフォームもよく行われます。介護が必要になった時に狭いお風呂やトイレでは双方に負担がかかるためス、ペースに余裕を持たせておくと良いでしょう。

 

 

ドアを大きくしたりスペースを広げたりする場合の相場は、150万円〜200万円です。水回りのリフォームが必要な時期が来たら、早めにバリアフリー化しておくのもお勧めです。

 

 

ドアを引き戸に変えておくと高齢になっても開閉がラクにできます。また滑りにくくクッション性のある床材への変更も、バリアフリー対策としては有効でしょう。

 

 

フローリングからカーペットへの変更で相場は100万円〜150万円、引き戸への交換は1カ所で約50万円が相場です。

 

高齢になると2階建て住宅でも、1階部分で過ごすことがほとんどということが少なくありません。そのため、バリアフリー化を少しずつ進めるのであれば、1階から工事を始めた方が良いかもしれません。

 

バリアフリー化のリフォーム内容と相場・介護保険は使える?

 

支給対象となる工事は限定されますが、バリアフリー化に介護保険の利用は可能です。基準額は20万円で、その9割が介護保険から給付される仕組みになっています。

 

 

リフォームを行う際にはケアマネージャーと相談して計画を立てた後、見積書の作成を依頼します。この時にバリアフリー化のリフォーム実績が豊富な業者を選べば、工事ミスなどのトラブルも防げるでしょう。

 

 

介護保険給付対象の工事についての知識があるかどうかも、業者選びのポイントとなります。複数業者に見積もりを依頼して、価格や対応、バリアフリー化の実績などを比較することも大事です。

 

 

何よりも安全性が大事な工事だけに、信頼のおける業者を選ぶことがリフォームを成功させる鍵と言えるでしょう。

 

 

バリアフリー化のリフォームは、小規模な工事から家全体の改修まで色々あります。介護保険の利用で自己負担を抑えることもできるので、工事内容や対象となる工事についてはしっかり検討しましょう。