お家のリフォームはDIYなら相場以上に安く済むのか?

お家のリフォームはDIYなら相場以上に安く済むのか?

お家のリフォームはDIYなら相場以上に安く済むのか?

 

かなり大きな出費になるリフォームも、DIYすれば相場以上に安く済ませられるという人は少なくありません。ここではDIYでかかる費用と業者に頼んだ場合の相場比較、自分でできるリフォームの範囲についてまとめてみました。

 

 

リフォームをコストダウンする一番の方法はDIYだと言われており、ホームセンターでは様々な道具が入手できます。

 

 

安くなる理由は材料費だけですむからで、浮いたお金でグレードの高い資材を使うこともできます。壁紙の張り替えや壁の塗り替えを業者に頼んだ場合、6畳の部屋で5万円ほどが相場です。

 

 

同じ工事をDIYすれば1万円〜2万円でできるため、全ての部屋の工事をした場合は数十万円の差がつくと考えられます。収納を増設するリフォームは業者なら20万円ほど、DIYでは2万円ほどで済むこともあります。

 

 

DIYで家のリフォームをするメリットは価格だけでなく、自分の思ったようにできるという点です。プロに任せるとなれば費用面で制約も出ますし、上手く意思疎通ができないこともあります。

 

お家のリフォームはDIYなら相場以上に安く済むのか?

 

自分で全てやれば100%満足いくものができ上がり、家にも愛着を持てるようになるでしょう。ただし、DIYでは給排水管の移動や電気工事などが行えないため、リフォームにも限界があります。

 

 

自分でやって失敗してしまうと、やり直しの手間と費用がかかる点にも注意が必要です。欲しい設備を個人で仕入れた場合に、業者に依頼するより3割から4割高くなることもあります。

 

 

工事費を支払って業者に仕入れを任せた方が良いのか、DIYした方が良いのかは価格を確認してから検討しましょう。

 

 

簡単なリフォームをDIYで行えば、業者に依頼する時の相場より安く済むのは間違いなさそうです。とはいえ設備の購入費用が高くなったり、家の構造に影響を与えないかなどの判断が難しい工事もあります。

 

 

判断に迷った時には一括見積もりサイトで、業者に依頼した場合の相場を確認してみるのがお勧めです。費用の差が大きければDIYで済ませたり、費用を抑える方法を相談してみるなど色々と選択肢も増やせます。

 

 

できることとできないことを分けて、プロの手を部分的に借りるのも上手なリフォームの方法と言えるでしょう。

 

 

DIYが趣味という人は壁紙や床材の変更程度なら簡単に済ませてしまうでしょうし、費用が抑えられるのも事実です。全てのリフォームがDIY可能なわけではありませんが、方法の一つとして知っておくのも良いかもしれません。