子育て世帯におすすめのリフォームと必要な相場について

子育て世帯におすすめのリフォームと必要な相場について

子育て世帯におすすめのリフォームと必要な相場について

 

夫婦だけで暮らしていた家も子供が生まれると手狭になりますし、生活しやすい家についての考え方も変わります。子育て世帯に合ったリフォームで暮らしを快適にするには、どのくらいの費用がかかるのか相場を調べてみました。

 

 

小さな子供がいる家庭に人気なのは、キッチンからリビングを見通せるように間取りを変更するリフォームです。家事をしながら子供の様子を見守ることができるため、子供も親も安心して過ごせる家になります。

 

 

壁を撤去する場合の費用相場は20万円程度、キッチンを移動させる場合は150万円〜300万円が相場です。

 

 

インテリア性の高いアイランドキッチンにした場合は、付帯する工事も増えるため価格が高くなります。費用を抑えるためには、設備の機能を限定した普及版にするなどの工夫が必要でしょう。

 

 

普段は開放的な空間で子供の様子を見やすく、来客時には仕切りで目隠しをと間仕切りを取り付けることも可能です。10万円〜20万円で設置できるため、来客の頻度に合わせて検討してみましょう。

 

子育て世帯におすすめのリフォームと必要な相場について

 

子供が大きくなった時は、プライバシーを確保できる子供部屋も必要になります。兄弟や姉妹がいる場合も小学校入学前までは個室を作らず、就学年齢以降に個室を与える家庭は少なくありません。

 

 

既存の部屋を区切って部屋を増設する場合の費用相場は、20万円ほどとなっています。増設と同時に床材を変えたり壁紙を張り替えたりする場合は、30万円〜40万円かかります。

 

 

狭すぎて壁を作ると使いづらくなる部屋には、簡易のアコーディオンカーテンなども設置可能です。

 

 

落書きが落としやすい壁紙に変えるリフォームをすれば、普段の掃除の手間を省けます。音が響きにくく転んだ時にも安心なクッションフロアへの張り替えは、安全性と家の快適性アップにも役立つでしょう。

 

 

子育て世帯のリフォームで大事なことは、子供の年齢に合わせて必要な機能が変わってくるということです。そのたびにリフォームをするのは費用がかさむため、将来を見越した工事計画を立てることも重要です。

 

 

見積もりを取る際には複数業者に依頼することも、相場を知るための大事なポイントになります。リフォーム実績の豊富な業者を選べば、子供も親も暮らしやすい家作りの方法を提案してもらうことも可能です。

 

 

子供が生まれてから自立するまでの期間は約20年です。その間の暮らしをより良いものにするためにも、リフォームの方法についてしっかり考える必要があるでしょう。