古民家再生のリフォーム費用の相場とその主なメリットとは

古民家再生のリフォーム費用の相場とその主なメリットとは

古民家再生のリフォーム費用の相場とその主なメリットとは

 

風情のある古民家を再生して、個性的なマイホームとして利用する人が増えています。ここでは、リフォームして古民家を使うメリットや再生にかかる費用の相場についてお伝えします。

 

 

古民家の良さは何と言っても和の趣のある外観ですが、それは使われている建材によるものでしょう。瓦屋根や古い木材が醸し出す雰囲気が好きで、古民家に住みたいという人は少なくありません。

 

 

古い住宅に使用されている木材は耐用年数が高く、部材の強度としては現在の建材に劣らないとも言われます。

 

 

ただし基礎部分が現在の耐震基準を満たしていないことが多いため、耐震リフォームは必要になるでしょう。40坪程度の住宅で1000万円前後が相場と言われており、柱などに問題がある場合はさらに費用がかかります。

 

 

断熱性を向上させるリフォームを行うことで、古民家でも光熱費を削減することができます。壁や床に断熱材を入れたり、開口部を木製の戸ではなくサッシにするなどのリフォームを検討してみましょう。

 

古民家再生のリフォーム費用の相場とその主なメリットとは

 

この場合、内装工事も同時に必要になるため40坪の住宅でも200万円ほどかかります。ドアや窓の交換も同時に行ってしまえば、壁紙を再度張り替える必要もなくなるでしょう。

 

 

水回りの設備が古くなっている場合、全てまとめてリフォームすると500万円前後かかります。生活のしやすさを左右する場所でもあるだけに、入れ替える設備の機能などは十分に確認しておきましょう。

 

 

古民家は一般的な住宅より、リフォーム費用が算出しづらいと言われます。築年数によっても使用されている建材によっても現状が異なるからで、リフォームの際には現地調査が必須です。

 

 

場合によっては外観を大きく左右する工事が必要になることもあるでしょう。見積もりを依頼する際には、要望に優先順位をつけつことと予算を正確に伝えることが大事です。

 

 

古民家再生を手掛けたことのある業者は、一括見積もりサイトでも簡単に見つけられます。希少な建材と家の風格を損なわないためのリフォームが可能な業者を見つけることが、古民家再生の重要なポイントです。

 

 

固定資産税の減税や国、自治体からの補助金を受けられることもあるため、予算を組む前に確認しておきましょう。

 

 

古い家の良さを生かして、現代の暮らしに合わせた快適さをプラスするのが古民家再生リフォームの特徴です。費用相場は高くなりがちですが、歴史を引き継いでいくために必要な工事で長く住み続けるためには不可欠です。