エコリフォームには相場を超えるメリットがあるのか?

エコリフォームには相場を超えるメリットがあるのか?

エコリフォームには相場を超えるメリットがあるのか?

 

省エネを優先させた地球に優しいリフォームをエコリフォームと呼びます。どんな工事が行われるのか、費用はいくらくらいかかるのかについて調べてみました。

 

 

リフォームと言えば住む人の快適性や家の安全性、機能性向上のために行うのが一般的です。エコリフォームは地球に優しいリフォームと言われますが、実は家族にとってのメリットもたくさんあります。

 

 

住宅を長く使うことで建材の無駄を減らすこともエコになります。耐震工事や外壁塗装、屋根の葺き替えなどは長寿命化リフォームとして一般的で、費用の相場は50万円ほどです。

 

 

建材に自然素材を使えば、廃材を処理する際の環境負担を軽減することもできます。ハウスシック症候群対策になるとも言われる、自然素材を使用したリフォームは小さな子供がいる家庭にもお勧めです。

 

 

床に間伐材を使用した場合の単価は平米当たり2万円前後、漆喰や珪藻土の塗り壁にした場合は10万円前後が相場です。

 

 

3万円前後で施工可能な内窓の取り付けや50万円〜200万円ほどかかる断熱工事は、光熱費削減に役立ちます。外壁や屋根に省エネ、断熱効果のある塗料や建材を使うリフォームが行われることもあります。

 

エコリフォームには相場を超えるメリットがあるのか?

 

機能性の高い塗料や建材は一般的なものよりも高価なため、費用がかかるのがデメリットです。とはいえ10年間、20年間の光熱費を考えてみるとコストパフォーマンスに優れたリフォームとも言えます。

 

 

トイレや浴室などの機能は日々進歩しており、節水や節電効果も格段に向上しています。設備を入れ替える際の費用だけでなく、将来的な光熱費やエコについても考えてから設備を選びましょう。

 

 

節水トイレの設置は15万円前後、熱効率の良い給湯器への交換は25万円ほどでできます。エコになるとわかってはいても、費用相場が高いと実際のリフォームを迷う人も少なくありません。

 

 

まずは見積もりを依頼してリフォームにかかる金額を知ることが大事でしょう。その際には複数業者に依頼して、価格や業者の施工実績などを比較することも忘れないようにしてください。

 

 

できるだけ予算を抑えたエコリフォームを提案してくれる業者もあるかもしれません。一括見積もりが依頼できるサイトも数多くあるので、使いやすいサイトを選んでリフォーム計画に役立てましょう。

 

 

エコを心掛けることは家族のためでもあり、環境を守ることにもなります。工事費用だけでなく将来的にかかる費用も視野に入れ、必要な工事を検討してください。