リフォームを行った後に必要なアフターフォローの費用と相場

リフォームを行った後に必要なアフターフォローの費用と相場

リフォームを行った後に必要なアフターフォローの費用と相場

 

リフォームは工事が完了すれば終わりというわけでなく、アフターフォローも重要です。家の耐久性にもかかわるため、費用と相場をきちんと確認しておく必要があるでしょう。

 

 

リフォーム直後は問題がなくても、数か月後に補修カ所に問題が起こることもあります。こんな時にアフターフォロー付きのリフォーム契約をしておけば、再工事の費用は無料の場合がほとんどです。

 

 

住宅設備にはメーカーの保証が付きますが、工事に独自の保証をもうけている業者も多くあります。保証期間は工事内容によってことなるため、保証書の内容はきちんと確認しておきましょう。

 

 

定期的に業者の点検を受けられたり、メンテナンスが必要な時期にお知らせを受け取れるサービスなども受けられます。

 

 

不具合だけでなく設備の使用方法についての質問を受け付ける、カスタマーサービスを設置している業者もあります。こうしたアフターフォローは工事費用に含まれることが多いようです。

 

リフォームを行った後に必要なアフターフォローの費用と相場

 

自分で行う小さなメンテナンスも、リフォーム後のアフターフォローの一つです。壁紙や床の汚れや傷は小さなうちならDIYでも補修できますし、あまり費用もかかりません。

 

 

またリフォームするからと放置しておくと、工事費用がかさむことにもなるためこまめにメンテナンスしておきましょう。外壁や屋根などは見えにくい場所ですが、定期的に確認することで大掛かりな補修が必要になる前に修理することが可能です。

 

 

台風や雪などの後には、破損個所がないか家全体をチェックしておくと安心です。老朽化や破損による影響はを最小限に食い止めておくことが、費用をかけずにアフターフォローするコツと言えます。

 

 

メーカー保証以外のアフターフォローが受けられるかどうかは、業者によって違いがあります。対応は全て有料の業者もあるため、内容によってはアフターフォローに予想以上の費用がかかることもあるでしょう。

 

 

また、無料のサポートがあっても対応が遅ければ、いざという時に利用できません。アフターフォローの有無や費用だけでなく、万が一の際の対応についても契約前に確認しておくと安心です。

 

 

口コミや業者のホームページ、一括見積もりサイトなど色々な方法で、アフターフォローの充実度を調べておきましょう。

 

 

リフォームが終わってもアフターフォローをしなければ、快適さを保つことはできません。費用がかかるのか、どこまでフォローしてもらえるのかなどは業者との契約前に確認しておきましょう。