ハウスメーカーと工務店・リフォームの相場はどちらがお得?

ハウスメーカーと工務店・リフォームの相場はどちらがお得?

ハウスメーカーと工務店・リフォームの相場はどちらがお得?

 

リフォームを行う業者は規模や知名度などに違いがあり、費用の相場にも差があります。ハウスメーカーと工務店のどちらがお得にリフォームできるのか、その相場について調べてみました。

 

 

全国的に知名度が高くブランドとしての安心感があるのが、ハウスメーカーに依頼する最大のメリットです。ただしそのメリットがあるからこそ、工事費用が高額になりがちというデメリットもあります。

 

 

工事内容や規模に関係なく、一般的には工務店よりもハウスメーカーの方がリフォーム費用の相場は高めです。その代わりにサポート体制が充実している、施工実績が多いなど施主にとって安心できる材料は揃っています。

 

 

施工後の保証制度がしっかりしているので、ハウスメーカーの方が良いという人もいます。最初から最後まできちんとしたサポートが欲しい人は、ハウスメーカーの方が向いているかもしれません。

 

 

ハウスメーカーの相場が高くなる理由は、工事を外注する部分が多いからです。中間の業者が増えれば増えるほど、その利益がリフォーム費用に上乗せされることになります。

 

ハウスメーカーと工務店・リフォームの相場はどちらがお得?

 

工務店の場合は専門工事以外、自社で行うことがほとんどです。そのため、中間利益分がハウスメーカーよりも安くなると考えて良いでしょう。

 

 

しかし大手工務店の中にはハウスメーカーと同じように、下請け業者を使うところも少なくありません。工務店だから安いというよりは、自社で施工できるかどうかが価格の決め手になります。

 

 

地域密着型で中小規模の工務店の場合は、宣伝するにしてもチラシなどを使うのが普通です。ハウスメーカーの場合は全国的に広告を出したり、テレビでCMを流したりと広告や宣伝にもお金がかかっています。

 

 

それが知名度や安心感に繋がっているのは事実ですが、リフォーム費用の相場を上げる理由にもなっています。工務店の相場が安く、ハウスメーカーの相場が高いのには理由があり、どちらを選ぶかは人それぞれです。

 

 

どのくらいの金額差があるのかを知るためにも、双方に見積もり依頼をしてみるのがお勧めです。ハウスメーカーが想像以上に安いと思えることもあるかもしれません。

 

 

一括見積もりサイトを使えば地域や規模を選んで見積もり依頼できるので、ぜひ利用してみましょう。

 

 

一般的にはハウスメーカーの方が工務店よりもリフォーム費用の相場が高めですが、工務店にはないメリットもあります。業者選びで何を重視するのかによって、どちらを選んだ方が良いかは変わってくるでしょう。