アパートやマンションなどの集合住宅リフォームの相場とは

アパートやマンションなどの集合住宅リフォームの相場とは

アパートやマンションなどの集合住宅リフォームの相場とは

 

マンションやアパートなどの集合住宅では、リフォーム可能な範囲に制限があります。そのため一戸建てとは費用の相場が違ってきますが、主なリフォーム工事にかかる費用はいくらくらいなのでしょうか。

 

 

集合住宅のリフォーム工事全体で見ると費用の中心価格帯は、100万円〜200万円と言われています。

 

 

築年数が古い場合はリフォーム箇所も増えるため、費用相場はこれよりも高くなるでしょう。また入れ替える設備や使用する資材によっても、相場は大きく変わってきます。

 

 

ただし水回りの移動や構造に関係する部分のリフォームには制限があるため、一戸建てより相場は低めです。希望する工事ができないこともあるので、事前に管理組合などに確認が必要でしょう。

 

 

内装を全て一新して新築に近い状態にリフォームする場合、約1000万円が費用の相場となります。しかしグレードの高い設備を入れれば数百万円の差が出ることもあるので、予算に合わせた設備選びが重要です。

 

アパートやマンションなどの集合住宅リフォームの相場とは

 

リフォームの依頼で多いのはトイレや浴室などの水回りですが、相場は50万円〜200万円となっています。床材や壁紙も劣化しやすい部分のためリフォームする人は多いですが、100万円〜200万円が相場だと思っておきましょう。

 

複数個所をまとめて工事すれば全体の費用を抑えることもできるので、工事が必要な場所はしっかり検討することが大事です。

 

 

リフォーム業者やハウスメーカーのホームページでは、実際にリフォームした家の写真や費用を見ることもできます。自分が希望する工事にいくらかかるのかをシミュレーションできるサイトもありますし、そのまま見積もり依頼も可能です。

 

 

また複数の業者にまとめて見積もりを依頼できる一括見積もりサイトを活用すれば、業者を探す手間も省けます。

 

 

集合住宅のリフォーム実績が多い業者を選べば、近隣とのトラブルの不安も軽減できるでしょう。まとめて見積もり依頼すれば、金額を見比べることで工事費用の相場も掴めます。

 

 

納得できるリフォームにするためにも、適正価格で施工してくれる良い業者を選ぶことが大切です。一括見積もりサイトを有効に利用すれば、業者の施行実績や対応なども手間なく比較できます。

 

 

工事の内容である程度の相場はわかるものの、現状によって費用に差がつくのがリフォーム工事です。思いがけない出費で予算オーバーにならないためにも、できるだけ多くの業者から見積もりを取っておくと安心でしょう。