賃貸物件のリフォームの相場と始めるための条件について

賃貸物件のリフォームの相場と始めるための条件について

賃貸物件のリフォームの相場と始めるための条件について

 

長く住んでいて家に不満が出たり、老朽化したりしても賃貸物件の場合は勝手にリフォームできないこともあります。ここでは賃貸をリフォームする際の条件と費用の相場について、わかりやすくお伝えします。

 

 

賃貸物件のリフォームを行う前に大事なことは、契約書の内容を確認することです。どこまで手を加えて良いのかなどが記載されていることが多く、リフォーム可能な範囲を知ることもできます。

 

 

実際に工事を行う際にはオーナーに許可を取る必要がありますが、計画を立てる段階で契約書の確認は必須です。場合によっては退去時に原状回復すれば、リフォームは自由に行えることもあります。

 

 

オーナー次第でリフォーム後の設備を残していくことを条件に、リフォーム可能という場合もあります。どのような契約内容であっても、必ずオーナーや仲介業者への確認を忘れないことが大事です。

 

 

リフォーム費用の相場は、壁紙の張り替えや床材の変更であれば50万円程度となっています。トイレやキッチンの設備を入れ替える場合は、新しい設備の価格によって100万円〜400万円と相場に差がでます。

 

賃貸物件のリフォームの相場と始めるための条件について

 

老朽化が激しい水回りの総入れ替え、間取り変更といった場合は、500万円以上かかることも少なくありません。

 

 

予算が厳しい時には、工事内容や設備のグレードを再検討した方がよいかもしれません。リフォーム後に住み続ける年数を考慮する必要があることも、賃貸物件と一戸建ての違いと言えます。

 

 

賃貸物件のリフォームでは工事内容によって相場にも開きがあるため、事前に見積もりを取ることが重要です。希望する工事をオーナーが許可したとしても、構造上で施工不可となることも珍しくありません。

 

 

業者に見積もりを依頼すれば、費用の相場がわかるだけでなく工事が可能かどうかも見てもらえます。ネット上のシミュレーターを利用することもできますし、一括見積もりサイトでの見積もり依頼も便利です。

 

 

複数業者に見積もりを依頼して相場がわかれば、リフォーム予算も組みやすくなるでしょう。価格だけでなく見積り書の項目のわかりやすさなども、業者を見極めるためのポイントとなります。

 

 

工事後に失敗したと後悔しないためにも、見積もりの内容を比較して良い業者を選ぶことが大切です。

 

 

賃貸物件のリフォームには制約がつくことも多いため、まずは工事可能かという確認が必要になります。ある程度のプランを決めたら、早めにリフォームの要望を伝えておいた方が良いでしょう。